<menuitem id="x5vh7"><del id="x5vh7"></del></menuitem><listing id="x5vh7"></listing>
<var id="x5vh7"><strike id="x5vh7"><listing id="x5vh7"></listing></strike></var>
<cite id="x5vh7"><strike id="x5vh7"></strike></cite>
<ins id="x5vh7"><span id="x5vh7"></span></ins>
<var id="x5vh7"><strike id="x5vh7"><thead id="x5vh7"></thead></strike></var><var id="x5vh7"></var>
<var id="x5vh7"></var>
<cite id="x5vh7"></cite>
<cite id="x5vh7"><span id="x5vh7"><menuitem id="x5vh7"></menuitem></span></cite>
<var id="x5vh7"></var>
<var id="x5vh7"></var>
[金屬屋根] 折版

馳タイプ

高い強度と確実な水密性を有し、ボルトレスによる美観と経済性を併せ持つ最もポピュラーな折版。

嵌合タイプ

鋼板端面が露出しない形狀のキャップを嵌めこむ方式で、あらゆる用途に採用されている折版。

重ねタイプ

馳タイプ、嵌合タイプの礎となったシンプルな形狀の折版。

[金屬屋根] 折版斷熱工法
[金屬屋根] 縦葺

ダブルパック?吸音ダブル
パック?MRAD?SRAS

快適な屋內環境を確保するため、「斷熱」や「音」、「意匠性」などの機能を付加した機能性折版。

瓦棒タイプ

長尺屋根の歴史はここから???。中小建家から大規模?公共施設まで幅広く採用されている縦葺材。

立馳タイプ

伝統的な立馳タイプを改良し、更に高い意匠性と水密性を追求した縦葺材。

[金屬屋根] 縦葺
[金屬屋根] 橫葺
[金屬屋根] 特殊仕様

フラットタイプ

完全平滑とスリットタイプの2種により、高い意匠性とパネルのような仕上がりを実現した縦葺材。

カバーレス

橫継手にはすべて「カバーレス」を採用し、美観性と機能性を向上させた橫葺材。

ガッチリタイト?ラジアル加工?
カービング加工?彎曲瓦棒葺

屋根の基本性能の進化と多様なデザインを実現する特殊仕様。

[採光材]
[外壁]

スカイライト

すべて「ユニット工法」にすることにより省力化と品質の均一化を実現した採光材。

角波サイディング

生産?物流施設等の外壁の標準品であり、経済性を重視した外壁材。

デザインサイディング

素材?工法?外観デザインなどのあらゆる面を実現する外壁材。

[防水]
[環境]
[環境]

ステンレス防水?シート防水?
ハイブリッド防水

[ステンレス防水」、「シート防水」、「ハイブリッド防水」と條件によって選べる防水工法。

ソーラー

『屋根メーカー』 が考えた屋根に最適な太陽光発電システム。

緑化

「緑と共生した建築/屋根」を金屬屋根で実現した緑化屋根。

[改修?塗裝]

改修

スレート改修、二重化屋根、環境改善改修など、お客様のニーズに合わせた適切な改修工法。

塗裝

適切な塗裝改修提案と確実な施工、長期塗膜保証制度を備えた塗裝。

代表的な施工事例
  • 施工事例から探す
  • 製品分野から探す
  • イメージから探す
  • 複數の條件から探す
350PAO国产成视频永久免费,俄罗斯女人与动Z0Z0,久久综合五月天婷婷丁香社区,性刺激的欧美三级视频中文字幕
<menuitem id="x5vh7"><del id="x5vh7"></del></menuitem><listing id="x5vh7"></listing>
<var id="x5vh7"><strike id="x5vh7"><listing id="x5vh7"></listing></strike></var>
<cite id="x5vh7"><strike id="x5vh7"></strike></cite>
<ins id="x5vh7"><span id="x5vh7"></span></ins>
<var id="x5vh7"><strike id="x5vh7"><thead id="x5vh7"></thead></strike></var><var id="x5vh7"></var>
<var id="x5vh7"></var>
<cite id="x5vh7"></cite>
<cite id="x5vh7"><span id="x5vh7"><menuitem id="x5vh7"></menuitem></span></cite>
<var id="x5vh7"></var>
<var id="x5vh7"></var>